読書の会は、読書ボランティア、子どもの本に関わる方、出版関係者が参加している団体です。
読書活動に積極的に参加したい志をもつ方々が集まり、
読書活動のノウハウの向上と会員相互の交流をはかるために、
月一回の勉強会、東京おもちゃ美術館でのおはなし会を中心に活動しています。
子どもの本の勉強会、高齢者への読書ボランティア、紙芝居の実演など。
<報告>3/6(日) 第57回善永寺おはなし会
0
    ●日時:2016年3月6日(日) 15:00〜16:00
    ●天気:曇り
    ●参加者:20名(子ども6名 おとな14名)
    今にも雨が降りそうな空模様にもかかわらず、
    常連の父子をはじめ、父子3組、母子3組の親子さんに、
    図書館に置いてあったビラを見ていらっしゃった大人の方も参加してくださいました。
    親の膝に抱かれたまま絵本を見つめる子や、
    場所に慣れて動き回る子、一人座りで熱心に聞いている子、
    みんなそれぞれの聞き方でおはなし会を楽しみました。
    寝てる子もいました。




    ★第1部「テーマそれぞれ2つのおはなし会」
    一番手は、インフルエンザなどの風邪に罹ったときに役立つ絵本(?)と題してのお話会でした。
    『おっとどっこいしゃもじろう』(もとしたいづみ/作 市居みか/絵 ひかりのくに)
    『パンちゃんのおさんぽ』(どいかや/作・絵 ブックローン出版)
    『こちょこちょがいっぱい!』(トマス・テイラー/文 ペニー・ダン/絵 三原泉/訳 ほるぷ出版)

    二番手は、ママとパパの絵本から。

    『ママ、あのね』(福田幸宏/写真 ゆうきえつこ/文 岩崎書店)
    『ゴリラのおとうちゃん』(三浦太郎/作 こぐま社)
    『およげないさかな』(せなけいこ/作・絵 ポプラ社)
    『びっくりおおかみ』(佐々木マキ/作・絵 フレーベル館)


    ★第2部「おはなしいっぱい、おはなし会」
    一人1冊ずつ、順番に読み進めました。子どもの様子を見ながら、その場で選書してのおはなし会でした。

    『とんでもない』(鈴木のりたけ/作・絵 アリス館)
    『ねつでやすんでいるキミへ』(しりあがり寿/作・絵 岩崎書店)
    『バルバルさん』(乾栄里子/文 西村敏雄/絵 福音館書店)
    『あのやまこえてどこいくの』(ひろかわさえこ/作・絵 アリス館)
    『森のくるるん』(近藤麻智子 長谷部真奈見/さく 齊藤槙/え そうえん社)
    『ショコラちゃんのおでかけドライブ』(中川ひろたか/ぶん はたこうしろう/え 講談社)

    ※光輪幼稚園での事前読み聞かせは、
    読み手2名、聞き手(園児)25名で、
    3月2日(水)の15:30〜16:00で実施しました。
    晴れた日の気持ちの良い午後でした。


    <読んだ絵本>
    『こわくないこわくない』(内田麟太郎/ぶん 大島妙子/え 童心社)
    『かぜひきころわん』(間所ひさこ/作 黒井健/絵 ひさかたチャイルド)
    『するするする』(上野苓三/作・絵 鈴木出版)
    『どうやってねるのかな』(やぶうちまさゆき/さく・え 福音館書店)
    『かわいくなんかないっ!』(ジョナサン・アレン/さく せなあいこ/やく 評論社)

    <今後の予定>
    第58回 2016年4月24日(日) 15:00〜16:00
    第59回 2016年5月22日(日) 15:00〜16:00
    第60回 2016年6月12日(日) 10:00〜14:00 幼稚園バザーの日
    第61回 2016年7月24日(日) 15:00〜16:00
    ※8月はお休み
    | 善永寺おはなし会 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    <報告>2/7(日) 第56回善永寺おはなし会
    0
      ●日時:2016年2月7日(日) 15:00〜16:00

      ●天気:晴天
      ●参加者:16名(子ども5名 おとな11名)


      空気はひんやりとしているものの、
      気持ちのいい快晴の日曜日。
      最初に自転車で来てくれたのは、小学校2年生の女の子とお母さん。
      ]女の子は真正面に陣取り、前のめりの姿勢で、食い入るように絵本を見ていました。
      そして、小さな女の子とお母さん、
      さらに常連の男の子もお父さんと来てくれました。
      ナンセンス絵本ではちょっときょとんとしたり、
      お父さんにくっついたままおとなしく絵本を見ている二人の男の子など、
      それぞれ思い思いの姿勢で、
      1時間のおはなし会をおとなも子どもも楽しそうに過ごしてくれました




      ★第1部「テーマそれぞれ2つのおはなし会」

      一番手は、「へんてこ」な絵本でのおはなし会。
      「へんちき」とも「へんちくりん」ともいわれる、へんてこな絵本で楽しみました。

      『へんてこライオンがいっぱい』(長新太/作 小学館)
      『ヘンテコはみがきこ』(みやにしたつや/作・絵 学研教育出版)

      二番手は、立春が過ぎたばかりのこの時期、
      冬の名残りと春の訪れをテーマにした絵本でおはなし会を構成しました。

      『しんせつなともだち』(方軼羣 /作 君島久子/訳 村山知義/画 福音館書店)
      『ふゆのおばけ』(せなけいこ/作・絵 金の星社)
      『はるですよふくろうおばさん』(長新太/作・絵 講談社)
      『きいろいのはちょうちょ』(五味太郎/作・絵 偕成社)

      ★第2部「おはなしいっぱい、おはなし会」

      一人1冊ずつ、愉快な絵本やじっくり味わう絵本、
      歌って楽しむ絵本など、バラエティーに富んだ絵本で楽しみました。

      『ビッグパーン』(中谷靖彦/さく・え 農山漁村文化協会)
      『ゆき』(ユリ・シュルヴィッツ/作 さくまゆみこ/訳 あすなろ書房)
      『しろもちくんとまめもちくん』(庄司三智子/作 アリス館)
      『ぼうし』(シャン・ブレット/作 松井るり子/訳 ほるぷ出版)
      『だから?』(ウィリアム・ビー/さく たなかなおと/やく セーラー出版)
      『ぞうくんのさんぽ』(なかのひろたか/さく・え なかのまさたか/レタリング 福音館書店)

      ※事前の光輪幼稚園読み聞かせは、
      読み手3名、聞き手(園児)12名で、
      2月4日(木)の晴れた日に15:30から16:00で実施しました。

      <読んだ絵本>
      『おねしょのかみさま』(長谷川義史/作 学研教育出版)
      『おしくら・まんじゅう』(かがくいひろし/さく ブロンズ新社)
      『ぼくのしろくま』(さえぐさひろこ/文 西牧茅子/絵 アリス館)
      『おはいんなさい』(西平あかね/ぶん・え 大日本図書)
      『あかたろうの1・2・3の3・4・5』(北山葉子/作・絵 偕成社)
      『ほんとはスイカ』(昼田弥子/ぶん 高畠那生/え ブロンズ新社)

      <今後の予定>
      第57回 2016年3月6日(日) 15:00〜16:00
      第58回 2016年4月24日(日) 15:00〜16:00
      第59回 2016年5月22日(日) 15:00〜16:00
      第60回 2016年6月19日(日) 10:00〜14:00 幼稚園バザー予定日
      第61回 2016年7月24日(日) 15:00〜16:00
      ※8月はお休み
      | 善永寺おはなし会 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      <報告>1/24(日) 第66回東京おもちゃ美術館おはなし会
      0
        ★日時:2016年1月24日(日)
        ★場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

        ☆本日のテーマ「一年のはじめ、木枯らし」
         ※2部は手作りおもちゃ

        ●1回目 13時〜13時40分
         絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー

         子ども 16人、大人36人

        2016年最初のおはなし会は、
        全国的に大寒波がやってきていて天候が心配でしたが、
        見事に晴れて、たくさんのお友だちが来てくれました。

        この日は素敵なゲスト、翻訳家の田中亜希子さんがいらっしゃいました。
        翻訳家の方に直接お話を聞く機会はなかなか無いことなので、
        みんな興味津津で耳を傾けていました。

        もともとの外国の絵本と、
        日本で翻訳して出した絵本では表紙が違うことがある話や、
        本を作る途中の「色校正」という紙を見せていただいたりと、
        充実した内容でした。
        最初に読んだ『コッケモーモー』は鳴き方を忘れてしまったニワトリのお話。
        「コッケガーガー」「コッケブーブー」と
        変な鳴き方をするニワトリにみんなつっこみを入れて楽しんでいましたよ。
        紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』では、
        みんなで掛け声をかけたら、
        いろんなものが大きくなったのですが、
        ちょっと掛け声が小さくてあまり大きくならなかったケーキ。
        もう一度みんなでおっきな声で掛け声かけると、
        どどーんとおおきなケーキになって、
        盛り上がりました!


        『みかん』なかがわりえこ/ぶん やまわきゆりこ/え ブッキング
        『おもちのきもち』かがくいひろし/作・絵 講談社

        【ゲスト】 田中亜希子さん 選書
        絵本『コッケモーモー!』
         ジュリエット・ダラス=コンテ/文 アリソン・バートレット/絵 たなかあきこ/訳 徳間書店
        絵本『ピクニックにいこう!』
         パット・ハッチンス/作・絵 たなかあきこ/訳 徳間書店
        紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』
         まついのりこ/脚本・絵 童心社
        紙芝居『こぶたのマーチ』
         むらやまけいこ/さく ほりうちせいいち/え 童心社




        ●2回目 14時10分〜14時40分
         絵本・紙芝居の読み聞かせ

         子ども18人、大人 23人

        2回目のおはなし会にも、
        たくさんのお友だちが集まってくれました。
        1回目だけの予定だったのですが、
        翻訳家の田中さんが急きょ2回目も絵本を読んでくださいました。
        『コッケモーモー!』は、ニワトリのへんな鳴き方がやっぱり受けていました!

        『ともだちのいす』は、こぶたのトンちゃんと、
        とらのトラキチくんが「本当のともだち」になる少し長めのお話ですが、
        みんな真剣にきいていました。
        友だちって身近な関心ごとですものね。
        キーツの美しい絵本『ゆきのひ』も、
        ものすごーく高い集中度で絵本に釘付けになっていました。
        絵を見ているだけでも楽しい冬の絵本です。
        最後に、今年の干支であるサルの面白いおもちゃなどの紹介をして、
        おわりました。
        組み木のサルのおもちゃはバナナとサルが絶妙に組み合わさっていて、
        楽しみ方もいろいろ。機会があったら是非、見てくださいね!

        絵本『コッケモーモー!』
        ジュリエット・ダラス=コンテ/文 アリソン・バートレット/絵 たなかあきこ/訳 徳間書店
        『やまのおふろやさん』とよたかずひこ/さく・え  ひさかたチャイルド
        『ともだちのいす』内田麟太郎/文 おくはらゆめ/絵 くもん出版
        『おしくら・まんじゅう』かがくいひろし/さく ブロンズ新社
        『ゆきのひ』 エズラ・ジャック・キーツ 文/絵 偕成社

        <今後の予定>
        2月28日(日)雪・立春・冬眠・冬の衣服
        3月27日(日)テーマ「成長・桜・雪解け」
        | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        <報告>1/17(日) 第55回善永寺おはなし会
        0
          ●日時:2016年1月17日(日)15:00〜16:00
          ●天気:曇り
          ●参加者:13名(子ども1名 おとな11名)

          夜になると雪が降るという天気予報通り、
          冷たい空気と風の午後。
          お寺さんのほうで、あらかじめ本堂に暖房を入れておいていただいたのですが、
          またしても聞き手が集まるか心配でした。
          でも、おはなし会が始まると、
          いつも来てくれる男の子が今回はお母さんと一緒に参加してくれました。
          またしばらくすると、横浜から赤ちゃん連れのご夫婦が参加してくれました。

          正月気分の抜けきらない読み手たち、
          お餅の絵本が揃いました。
          また、寒さも手伝って、お風呂の絵本も重複しました。
          常連の子はかなり慣れた様子で気になる絵本には近づいたり、
          自分でめくったりしながらのアットホームなおはなし会でした。




          ★第1部「テーマそれぞれ2つのおはなし会」

          一番手は、この季節にふさわしい絵本からおはなし会を始めました。
          2冊目の絵本では、聞き手の男の子が仕掛け部分を次々とめくって楽しみました。

          『シロクマくつや』(おおでゆかこ/作 偕成社)
          『おめんです』(いしかわこうじ/作・絵 偕成社)

          二番手は、手遊びでリラックスしてもらってからのおはなし会でした。

          手遊び「私の指は一本あります」
          『おふろにおいで』(ひろかわさえこ/著 アリス館)
          『おさるのれっしゃ』(牛窪良太/文・絵 アリス館)
          『ふゆめがっしょうだん』(冨成忠夫、茂木透/写真 長新太/文 福音館書店)

          ★第2部「おはなしいっぱい、おはなし会」

          一人1冊ずつ、季節にあった絵本を読みました。
          期せずして、お餅の絵本が多くて、お腹いっぱいになったかな?

          『おもちぶとん』(わたなべゆういち/作 あかね書房)
          『おもちのきもち』(かがくいひろし/作・絵 講談社)『しろおうさまとくろおうさま』
          (こすぎさなえ/さく たちもとみちこ/え PHP研究所)
          『もちっこやいて:わらべうたの「もちっこやいて」より』(やぎゅうげんいちろう/さく 福音館書店)
          『おによりつよいおよめさん』(井上よう子/作 吉田尚令/絵 岩崎書店)
          『もりのおふろ』(西村敏雄/さく 福音館書店)


          ※事前の光輪幼稚園読み聞かせは、
          読み手2名、聞き手(園児)61名で、
          3日前の1月14日(木)15:30〜16:00で実施しました。

          聞き手が多かったので、二部屋に分かれ、
          15分ずつ読み手が入れ替わって読みました。

          <読んだ絵本>
          『ともだちキリン』(ねじめ正一/詩 村上康成/絵 教育画劇)
          『もちっこやいて:わらべうたの「もちっこやいて」より』(やぎゅうげんいちろう/さく 福音館書店)
          『だいおういかのいかたろう』(ザ・キャビンカンパニー/作・絵 鈴木出版)
          『たったたった』(ふじわらこういち/しゃしん・ぶん 新日本出版社)
          『てぶくろくん』(佐々木マキ/さく 福音館書店「こどものとも」年少版)
          『だれのもようかな? 』(ネイチャー&サイエンス/編 河出書房新社)

          <今後の予定>
          第56回 2016年2月7日(日) 15:00〜16:00
          第57回 2016年3月6日(日) 15:00〜16:00
          | 善永寺おはなし会 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          <報告>12/20(日) 第65回東京おもちゃ美術館おはなし会
          0
            ★日時:2015年12月20日(日)
             場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

            ☆本日のテーマ「クリスマス、一年の終わり」 ※2部は手作りおもちゃ

            ●1回目 13時〜13時40分
             絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー
             子ども10人、大人 13人

            クリスマスの関連絵本として、しりとりで遊ぶ『ぶたたぬききつねねこ』に始まり、
            イエスさま誕生の物語を知る絵本などを読みました。
            最後は、年末の絵本にふさわしく『ぐりとぐらのおおそうじ』でしめくくりました。
            身近なものを使っておおそうじするぐりとぐらに、
            子どもたちは興味津々の様子でした。(U)

            『ぶたたぬききつねねこ』馬場のぼる/著 こぐま社
            『クリスマスってなあに』ディック=ブルーナ/作 ふなざきやすこ/訳 講談社
            『おしくらまんじゅう』かがくいひろし/さく ブロンズ新社
            紙芝居『やぎじいさんのバイオリン』ハリス/原作、堀尾青史/脚本、 岡野和/絵 童心社
            『ふたり』 瀬川康男/さく 冨山房
              『ぐりとぐらのおおそうじ』中川李枝子/作 山脇百合子/絵 福音館書店



            ▲クリスマスの絵本はお話がしっかりしているものが多いです。難しいかな?と思いましたが、みんなよく聞いてくれました


            ●2回目 14時10分〜14時40分
             絵本・紙芝居の読み聞かせ
             子ども 10人、大人 16人

            クリスマスものとして『クリスマスくまくん』『さんさんさんかく』、
            秋冬の森ならではのおはなし『もりのてぶくろ』など読みました。
            一緒に聴いてくれたお父さんが特に注目していたのは『るるるるる』でした。(U)

            『にゃんにゃんわん!』わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
            『クリスマスくまくん』 アン・マンガン/作 ジョアンナ・モス/絵 あまん きみこ/訳 学研
            『しあわせならてをたたこう』デビッド A.カーター/さく きたむらまさお 大日本絵画
            『もりのてぶくろ』八百板洋子/文 ナターリャ・チャルーシナ/作 福音館書店
            『さんさんさんかく』得田之久/ぶん 織茂恭子/え
            『るるるるる』五味太郎/作 偕成社

              <今後の予定>
            1月24日(日)一年のはじめ、木枯らし
            2月28日(日)雪・立春・冬眠・冬の衣服
            3月27日(日)テーマ「成長・桜・雪解け」
            | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            <報告>12/6(日) 第54回善永寺おはなし会
            0
              ●日時:2015年12月6日(日) 15:00〜16:00
              ●天気:曇り
              ●参加者:13名(子ども3名 おとな10名)

              今にも雨が降りそうな曇り空。
              事前に、おはなし会に参加したいと連絡のあった
              2歳の子とお母さんが来てくれるかなとワクワクしながら待っていると、
              夫婦で参加してくれました。
              近隣にお住いのJPIC読書アドバイザーの方も聞き手として参加。
              図書館に置いてもらっているチラシを見て来てくださいました。
              お母さんに連れられて、やはり2歳の女の子も来てくれて、
              予定通りの時間からおはなし会を始めました。




              ★第1部「テーマそれぞれ2つのおはなし会」
              一番手は、2歳児を意識して「ぱっくん」とか、
              「ぷくちゃん」とか、歩くオノマトペなど、
              耳に入りやすいことばが使われている絵本でおはなし会を構成しました。

              『ぱっくんぞうさん』(さくらともこ/文 ひろかわさえこ/絵 講談社)
              『ぷくちゃんのたくさんだっこ』(ひろかわさえこ/さく アリス館)
              『あるいてます』(みやにしたつや/作・絵 鈴木出版)

              二番手は、聞き手とのやり取りを十分に楽しんでから、
              ご飯をテーマにした絵本でのおはなし会でした。

              『どこかなどこかな』(そうまこうへい/ぶん かとうあやこ/え フレーベル館)
              『がたんごとんがたんごとん』(安西水丸/さく 福音館書店)
              『おべんとうバス』(真珠まりこ/作・絵 ひさかたチャイルド)
              『おむすびころりん』(日本民話 香山美子/文 盡八重子/絵 鈴木出版)
              『にんじんとごぼうとだいこん』(日本民話 和歌山静子/絵 鈴木出版)

              ★第2部「おはなしいっぱい、おはなし会」

              一人1冊ずつ、バラエティに富んだ絵本の読み聞かせです。
              最初のサルの写真絵本を目を凝らして見入る2歳の子どもたち。
              写真絵本が興味深かったのかもしれません。
              途中で、常連の男の子がお父さんと来てくれたので、
              少し長めの絵本も読みましたが、
              2歳の子たちも次第に雰囲気にもなれ、よく聞いていました。

              『ぽっかぽかだいすきおさるさん』(福田幸広/写真・文 ポプラ社)
              『ごくらくももんちゃん』(とよたかずひこ/さく・え 童心社)
              『ももんがもんじろう』(村上康成/作 講談社)
              『いたずらコヨーテキュウ』(どいかや/作 BL出版)
              『おばあちゃんからライオンをかくすには』
              (ヘレン・スティーヴンズ/作 さくまゆみこ/訳 ブロンズ新社)
              『わがまんまちゃん』(こがようこ/ぶん・え 大日本図書)

              ※事前の光輪幼稚園読み聞かせは、
              読み手1名、聞き手(園児)23名で、
              3日前の12月3日(木)15:30〜16:00で実施しました。

              <読んだ絵本>
              『やさいさん』(tupera tupera/さく 学研教育出版)
              『たこなんかじゃないよ 』(秋野和子/文 秋野亥左牟/絵 福音館書店)
              『よんでよんで』(ときわひろみ/さく さとうあや/え 教育画劇)
              『おふろ』(出久根育/作・絵 学習研究社)
              『3000このすいか』(あきびんご/作 くもん出版)

              <今後の予定>
              第55回 2016年1月17日(日) 15:00〜16:00
              第56回 2016年2月7日(日) 15:00〜16:00
              第57回 2016年3月6日(日) 15:00〜16:00
              | 善永寺おはなし会 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              第64回東京おもちゃ美術館おはなし会
              0
                日時:2015年 11月29日(日)
                場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

                本日のテーマ「霜・冬支度・紅葉」

                ★1回目 13時〜13時40分
                 子ども7人、大人7人

                 なべの美味しい季節。
                でも子どもにとっては、なじみの薄いメニューかもしれません。
                最初に読んだ『なべぶぎょういっけんらくちゃく』は、
                難しい言葉がたくさん、
                でもとんちがきいていて、
                最後はなるほど、なっとく!の絵本です。
                この面白さ、わかるかな〜?とちょっと心配でしたが、
                よ〜く聞いてくれたみたいです。
                『どうすればいいのかな?』は、
                衣服をへんてこに着てしまう、くまくんのお話。
                くすくす、笑い声がこぼれました。
                みんな、覚えがあるのかもしれないですね。
                なごやかで落ち着いたおはなし会となりました。(U)



                ▲ぐつぐつぐつ…なべ奉行が、とんちのきいた解決策を思いつきます

                『なべぶぎょう いっけんらくちゃく』 穂高順也/文 亀澤裕也/絵
                『どうすればいいのかな?』わたなべしげお/ぶん おおともやすお/え 福音館書店
                『おしくら・まんじゅう』 かがくいひろし/さく ブロンズ新社
                『かおかおどんなかお』柳原良平/作・絵 こぐま社
                紙芝居『ひもかとおもったら…』古川タク/作画 童心社
                『チョコレートパン』 長新太/作・絵 福音館書店
                『わ』 本永定正/さく福音館書店・0・1・2えほん

                ★2回目 14時10分〜14時40分
                 子ども5人、大人5人

                 赤ちゃんから小学生のおねえちゃんまで、
                いろんな年齢のお子さんが聞きにきてくれました。
                紅葉の季節、『おちばがおどる』は本物の落ち葉をつかった絵本。
                とても気になる!と思ったのか、
                小さなお子さんが近づいてきて一生懸命触れてくれました。
                『るるるるる』はヘリコプターの音。
                ほとんどの音が「る」で構成されていて、
                面白い絵本ですねと喜んでくれたお父さんもいました。
                子どもから大人まで楽しめる会にしたいなと改めて思いました。
                いつものように、絵本のリストをお渡しして終了となりました。(U)

                『わ』 本永定正/さく福音館書店・0・1・2えほん
                『かおかおどんなかお』柳原良平/作・絵 こぐま社
                『なわとびしましょ』 長谷川義史/〔作〕 学研プラス
                『おちばがおどる』 いとうひろし/作 ポプラ社
                『タベールだんしゃく』 さかもといくこ/作・絵 ひさかたチャイルド
                『せんそうしない』 たにかわしゅんたろう/ぶん えがしらみちこ/え 講談社
                『るるるるる』五味太郎/作 偕成社
                『てをみてごらん』 中村牧江/さく 林健造/え PHP研究所

                <今後の予定>
                12月20日(日)クリスマス・一年の終わり
                       ※2部は、手作り(折り紙でクリスマスオーナメント)
                1月24日(日)一年のはじめ、木枯らし
                2月28日(日)雪・立春・冬眠・冬の衣服
                3月27日(日)テーマ「成長・桜・雪解け
                | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                <報告>11/8(日) 第53回善永寺おはなし会
                0
                  ●日時:2015年11月8日(日)15:00〜16:00
                  ●天気:雨
                  ●参加者:10名(子ども1名 おとな9名)

                  そぼ降る雨の寒い一日。
                  子どもたちが来てくれるか、心配でした。
                  案の定、開始時刻になっても誰も現れず、
                  参加者だけでのおはなし会を始めました。
                  すると、最近の常連である男の子が、今回もお父さんと来てくれました。
                  特等席に陣取り、絵本を食い入るように見る子、
                  それを後ろでニコニコしながら見ているお父さん。
                  いい雰囲気でおはなし会が進行しました。



                  ★第1部「テーマそれぞれ2つのおはなし会」

                  一番手は「月」をメインテーマに据えた選書でのおはなし会でした。
                  『よんでよんで』(ときわひろみ/さく さとうあや/え 教育画劇)
                  『月のみはりばん』(とりごえまり/作・絵 偕成社)
                  『コロッケです』(西村敏雄/作 学研教育出版)

                  二番手は、秋も深まり、「お風呂」が題材となっている絵本で構成しました。
                  『まちのおふろやさん(ぽかぽかおふろ)』(とよたかずひこ/さく・え ひさかたチャイルド)
                  『もりのおふろやさん(ぽかぽかおふろ)』(とよたかずひこ/さく・え ひさかたチャイルド)
                  『わらっちゃった』(大島妙子/作 小学館)

                  ★第2部「おはなしいっぱい、おはなし会」

                  参加者が一人1冊ずつ、順番に読み聞かせをしました。
                  絵本の男の子の胸に大人の顔が描かれているところでは、
                  「どうして?」と、素朴な疑問を口にしたり、
                  「めしあがれ」と言えば、
                  絵本に描かれているお芋を食べる真似をしたり、
                  文字のない絵本では「やぶれちゃうよ!」などと、
                  絵本の世界に入って楽しんでくれました。

                  『イカタコつるつる』(長新太/作 講談社)
                  『ないた』(中川ひろたか/作 長新太/絵  金の星社)
                  『おいもさんがね…』(とよたかずひこ/さく・え 童心社)
                  『つきよのうた』(はせがわさとみ/作 文渓堂)
                  『どうしたのブタくん』(みやにしたつや/作・絵 鈴木出版」
                  『たこなんかじゃないよ』(秋野和子/作 秋野亥左牟/絵 福音館書店)
                  『ぞうのボタン』(うえののりこ/著 冨山房)

                  ※事前の光輪幼稚園読み聞かせは、
                  読み手3名、聞き手(園児)18名で、
                  2日前の11月6日(金)、15:30〜16:00で実施しました。

                  <読んだ絵本>
                  『こけこっこー』(林木林/作 西村敏雄/絵 鈴木出版)
                  『だんまりこおろぎ』(エリック・カール/さく くどうなおこ/やく 偕成社)
                  『わかるかな?』(ふじわらこういち/しゃしん・ぶん 新日本出版社)
                  『ぼくはブルドーザー! 』(三浦太郎/作 こぐま社)

                  <今後の予定>
                  第54回 2015年12月6日(日) 15:00〜16:00
                  第55回 2016年1月17日(日) 15:00〜16:00
                  第56回 2016年2月7日(日) 15:00〜16:00
                  第57回 2016年3月6日(日) 15:00〜16:00
                  | 善永寺おはなし会 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  <報告>10/12(日) 第63回東京おもちゃ美術館おはなし会
                  0
                    日時:2015年10月12日(日)
                    場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

                    ★1回目 13時〜13時40分
                     絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー

                    3連休の最終日、体育の日。
                    館内は比較的人が少なめで、おはなし会に来てくれるかしら…と心配していましたが
                    お兄ちゃんお姉ちゃんに混じって、1〜2歳くらいの小さなお友だちが、大勢集まってくれました。

                    食欲の秋、実りの秋! ということで、食べることにまつわる絵本をたくさん読みました。

                    『月ようびはなにたべる?』は、
                    曜日ごとに登場する動物と食べ物を、
                    月曜日は「ハリネズミさん」が「さやいんげん」火曜日は……と
                    みんなで日曜日まで順番に覚えながら、楽しく読みました。

                    パンダさんが「ドーナツいかが?」と、
                    カラフルなドーナツをくばって歩く『おねがいパンダさん』。
                    でもパンダさんはぜんぜんドーナツくれないんです!
                    なぜなんでしょう。
                    小さいお友だちは難しいかもしれないけど、
                    パパやママといっしょに考えてみてほしいな。

                    『きょうのごはん』は、
                    おいしそうに描かれたいろんな家庭の夕飯をのぞいて、
                    きょうのごはんをあてていくのですが、
                    ラストはネコちゃんのごはん。
                    「ネコのごはん何なの?」と質問があったのですが、
                    おでんなのか?魚なのか!?
                    判断できず……どなたか教えて下さい。


                    2回目も、食べもののおはなしをいろいろ読みました。


                    スタートは『やさいのおなか』。
                    野菜の断面の絵から、やさい名をあてていく。
                    あてっこする絵本は盛り上がりますが、
                    とある兄弟が大活躍でどんどんやさいの名前をあてていってくれました。

                    おつきみだんごに化けるおばけのおはなし『おつきみおばけ』や、
                    土の中でのさつまいもの生活がユーモアたっぷりに描かれている『さつまのおいも』。
                    さつまいもが、ご飯も食べるし、歯も磨いて、トイレにも行っちゃいうなんて!
                    食べものが出てくる絵本は、おもしろいおはなしがいっぱいです。

                    なかでも、怒りのパワーでギョーザを焼いてしまう、
                    関西弁のへんてこなフライパンのおはなし『いかりのギョーザ』は、
                    楽しく読み終わるとギョーザが食べたくなってしまいます。
                    食べもの絵本が豊作なおはなし会でした。

                    <読んだ絵本や紙芝居>
                    『にゃんにゃんわん!』 わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
                    『じゅーぺったん!』 わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
                    『月ようびはなにたべる?』 エリック・カール/え もりひさし/やく 偕成社
                    『おねがいパンダさん』 スティーブ・アントニー/さく せなあいこ/やく 評論社
                    紙芝居『おねぼうなじゃがいもさん』 村山籌子/原作 村山知義/脚本・画 童心社
                    『きょうのごはん』 加藤休ミ 作 偕成社
                    『せんろはつづく』 竹下文子/文 鈴木まもる/絵 金の星社

                    ★2回目 14時10分〜14時40分
                     絵本・紙芝居の読み聞かせ

                    『やさいのおなか』 きうちかつ/さく・え 福音館書店
                    『マットくんのきょうりゅうだ!』 ピーター・シス/さく BL出版
                    『おつきみおばけ』 せなけいこ/文・絵 ポプラ社
                    『さつまのおいも』 中川ひろたか/文 村上康成/絵 童心社
                    『くっついた』 三浦太郎/作・絵 こぐま社
                    『いかりのギョーザ』 苅田澄子/作 大島妙子/絵  佼成出版社
                    紙芝居『さよならさんかくまたきてしかく』 高橋清一/脚本・画 童心社

                    <今後の予定>
                    11月29日(日)霜・冬支度・紅葉
                    12月20日(日)クリスマス・一年の終わり
                    1月24日(日)予定
                    | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    <報告>10/5(日) 第52回善永寺おはなし会
                    0
                      ●日時:2015年10月5日(日)15:00〜16:00
                      ●天気:快晴
                      ●参加者:14名(子ども3名 おとな11名)

                      秋晴れの行楽日和。
                      運動会の時期でもあり、
                      果してお寺の本堂に子どもたちが来てくれるか、心配しながら準備をしていると、
                      まずは女の子とお父さんが来てくれました。
                      近くの図書館に置いておいたビラを見て、
                      自転車で来てくれたとのこと。

                      おはなし会が始まる頃になると、
                      もう一組の男の子とお父さん、さらにもう一組、
                      前回も参加してくれた男の子とお父さん。
                      全員、お父さんがおはなし会にお子さんを連れてきてくれたのが嬉しくて、
                      参加者一同、張り切っておはなし会を進行しました。



                      ★第1部「テーマそれぞれ2つのおはなし会」

                      一番手は「あてっこ」の絵本で、子どもたちとの会話を楽しみました。
                      『しましましまうま』(かわむらおさむ/作 童心社)
                      『きょうりゅうといぬどっちがつよい?』(のぶみ ひすいこたろう/作 アリス館)
                      『オオカミのおうさま』(きむらゆういち/作 田島征三/絵 偕成社)

                      二番手は、「食欲の秋」なので、食べ物の絵本でおはなし会を構成しました。
                      紙芝居『きょうのくだものなんだろな?』
                      (こがようこ/脚本 土田義晴/絵 佐々木宏子/監修)
                      『おべんとうバス』(真珠まりこ/作・絵 ひさかたチャイルド)
                      『ラーメンのかわ』(赤川明/作・絵 講談社)
                      『あたまにかきのき』(日本民話 唯野元弘/文 村上豊/絵 鈴木出版)

                      ★第2部「おはなしいっぱい、おはなし会」

                      初参加の読み手や聞き手参加者も加わって、
                      一人1冊ずつ読みました。
                      長いおはなしも子どもとの会話を交えながら読むと、
                      かなり集中してくれていました。

                      『よかったねネッドくん』(レミー・シャーリップ/作・絵 やぎたよしこ/絵 偕成社)
                      『ぶたくんと100ぴきのおおかみ』(宮西達也/作・絵  鈴木出版)
                      『いいないいな』(かたやまけん/作 福音館書店)
                      『どんぐりもりのおきゃくさん』(香山美子/作 飯村茂樹ほか/写真 ひさかたチャイルド)
                      手遊び「かなづちトントン」
                      『きんぎょのおつかい』(与謝野晶子/作 高部晴市/絵 架空社)

                      ※事前の光輪幼稚園読み聞かせは、
                      読み手2名、聞き手(園児)16名で、
                      2日前の10月2日(金)
                      嵐の後の秋晴れの中、15:30〜16:00で実施しました。

                      <読んだ絵本>
                      『でてくるぞでてくるぞ』(あきびんご/作 くもん出版)
                      『しゃっくりがいこつ』(マージェリー・カイラー/作 S.D.シンドラー/絵 黒宮純子/訳 セーラー出版)
                      『オオカミくんのホットケーキ』(ジャン・フィアンリー/さく まつかわまゆみ/やく 評論社)
                      『ごめんなさい 』(中川ひろたか/文 長新太/絵 偕成社)
                      『きょうのごはん 』(加藤休ミ/作 偕成社)

                      <今後の予定>
                      第53回 2015年11月8日(日) 15:00〜16:00
                      第54回 2015年12月6日(日) 15:00〜16:00
                      | 善永寺おはなし会 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ