読書の会は、読書ボランティア、子どもの本に関わる方、出版関係者が参加している団体です。
読書活動に積極的に参加したい志をもつ方々が集まり、
読書活動のノウハウの向上と会員相互の交流をはかるために、
月一回の勉強会、東京おもちゃ美術館でのおはなし会を中心に活動しています。
子どもの本の勉強会、高齢者への読書ボランティア、紙芝居の実演など。
<報告>1/24(日) 第66回東京おもちゃ美術館おはなし会
0
    ★日時:2016年1月24日(日)
    ★場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

    ☆本日のテーマ「一年のはじめ、木枯らし」
     ※2部は手作りおもちゃ

    ●1回目 13時〜13時40分
     絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー

     子ども 16人、大人36人

    2016年最初のおはなし会は、
    全国的に大寒波がやってきていて天候が心配でしたが、
    見事に晴れて、たくさんのお友だちが来てくれました。

    この日は素敵なゲスト、翻訳家の田中亜希子さんがいらっしゃいました。
    翻訳家の方に直接お話を聞く機会はなかなか無いことなので、
    みんな興味津津で耳を傾けていました。

    もともとの外国の絵本と、
    日本で翻訳して出した絵本では表紙が違うことがある話や、
    本を作る途中の「色校正」という紙を見せていただいたりと、
    充実した内容でした。
    最初に読んだ『コッケモーモー』は鳴き方を忘れてしまったニワトリのお話。
    「コッケガーガー」「コッケブーブー」と
    変な鳴き方をするニワトリにみんなつっこみを入れて楽しんでいましたよ。
    紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』では、
    みんなで掛け声をかけたら、
    いろんなものが大きくなったのですが、
    ちょっと掛け声が小さくてあまり大きくならなかったケーキ。
    もう一度みんなでおっきな声で掛け声かけると、
    どどーんとおおきなケーキになって、
    盛り上がりました!


    『みかん』なかがわりえこ/ぶん やまわきゆりこ/え ブッキング
    『おもちのきもち』かがくいひろし/作・絵 講談社

    【ゲスト】 田中亜希子さん 選書
    絵本『コッケモーモー!』
     ジュリエット・ダラス=コンテ/文 アリソン・バートレット/絵 たなかあきこ/訳 徳間書店
    絵本『ピクニックにいこう!』
     パット・ハッチンス/作・絵 たなかあきこ/訳 徳間書店
    紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』
     まついのりこ/脚本・絵 童心社
    紙芝居『こぶたのマーチ』
     むらやまけいこ/さく ほりうちせいいち/え 童心社




    ●2回目 14時10分〜14時40分
     絵本・紙芝居の読み聞かせ

     子ども18人、大人 23人

    2回目のおはなし会にも、
    たくさんのお友だちが集まってくれました。
    1回目だけの予定だったのですが、
    翻訳家の田中さんが急きょ2回目も絵本を読んでくださいました。
    『コッケモーモー!』は、ニワトリのへんな鳴き方がやっぱり受けていました!

    『ともだちのいす』は、こぶたのトンちゃんと、
    とらのトラキチくんが「本当のともだち」になる少し長めのお話ですが、
    みんな真剣にきいていました。
    友だちって身近な関心ごとですものね。
    キーツの美しい絵本『ゆきのひ』も、
    ものすごーく高い集中度で絵本に釘付けになっていました。
    絵を見ているだけでも楽しい冬の絵本です。
    最後に、今年の干支であるサルの面白いおもちゃなどの紹介をして、
    おわりました。
    組み木のサルのおもちゃはバナナとサルが絶妙に組み合わさっていて、
    楽しみ方もいろいろ。機会があったら是非、見てくださいね!

    絵本『コッケモーモー!』
    ジュリエット・ダラス=コンテ/文 アリソン・バートレット/絵 たなかあきこ/訳 徳間書店
    『やまのおふろやさん』とよたかずひこ/さく・え  ひさかたチャイルド
    『ともだちのいす』内田麟太郎/文 おくはらゆめ/絵 くもん出版
    『おしくら・まんじゅう』かがくいひろし/さく ブロンズ新社
    『ゆきのひ』 エズラ・ジャック・キーツ 文/絵 偕成社

    <今後の予定>
    2月28日(日)雪・立春・冬眠・冬の衣服
    3月27日(日)テーマ「成長・桜・雪解け」
    | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    <報告>12/20(日) 第65回東京おもちゃ美術館おはなし会
    0
      ★日時:2015年12月20日(日)
       場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

      ☆本日のテーマ「クリスマス、一年の終わり」 ※2部は手作りおもちゃ

      ●1回目 13時〜13時40分
       絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー
       子ども10人、大人 13人

      クリスマスの関連絵本として、しりとりで遊ぶ『ぶたたぬききつねねこ』に始まり、
      イエスさま誕生の物語を知る絵本などを読みました。
      最後は、年末の絵本にふさわしく『ぐりとぐらのおおそうじ』でしめくくりました。
      身近なものを使っておおそうじするぐりとぐらに、
      子どもたちは興味津々の様子でした。(U)

      『ぶたたぬききつねねこ』馬場のぼる/著 こぐま社
      『クリスマスってなあに』ディック=ブルーナ/作 ふなざきやすこ/訳 講談社
      『おしくらまんじゅう』かがくいひろし/さく ブロンズ新社
      紙芝居『やぎじいさんのバイオリン』ハリス/原作、堀尾青史/脚本、 岡野和/絵 童心社
      『ふたり』 瀬川康男/さく 冨山房
        『ぐりとぐらのおおそうじ』中川李枝子/作 山脇百合子/絵 福音館書店



      ▲クリスマスの絵本はお話がしっかりしているものが多いです。難しいかな?と思いましたが、みんなよく聞いてくれました


      ●2回目 14時10分〜14時40分
       絵本・紙芝居の読み聞かせ
       子ども 10人、大人 16人

      クリスマスものとして『クリスマスくまくん』『さんさんさんかく』、
      秋冬の森ならではのおはなし『もりのてぶくろ』など読みました。
      一緒に聴いてくれたお父さんが特に注目していたのは『るるるるる』でした。(U)

      『にゃんにゃんわん!』わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
      『クリスマスくまくん』 アン・マンガン/作 ジョアンナ・モス/絵 あまん きみこ/訳 学研
      『しあわせならてをたたこう』デビッド A.カーター/さく きたむらまさお 大日本絵画
      『もりのてぶくろ』八百板洋子/文 ナターリャ・チャルーシナ/作 福音館書店
      『さんさんさんかく』得田之久/ぶん 織茂恭子/え
      『るるるるる』五味太郎/作 偕成社

        <今後の予定>
      1月24日(日)一年のはじめ、木枯らし
      2月28日(日)雪・立春・冬眠・冬の衣服
      3月27日(日)テーマ「成長・桜・雪解け」
      | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第64回東京おもちゃ美術館おはなし会
      0
        日時:2015年 11月29日(日)
        場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

        本日のテーマ「霜・冬支度・紅葉」

        ★1回目 13時〜13時40分
         子ども7人、大人7人

         なべの美味しい季節。
        でも子どもにとっては、なじみの薄いメニューかもしれません。
        最初に読んだ『なべぶぎょういっけんらくちゃく』は、
        難しい言葉がたくさん、
        でもとんちがきいていて、
        最後はなるほど、なっとく!の絵本です。
        この面白さ、わかるかな〜?とちょっと心配でしたが、
        よ〜く聞いてくれたみたいです。
        『どうすればいいのかな?』は、
        衣服をへんてこに着てしまう、くまくんのお話。
        くすくす、笑い声がこぼれました。
        みんな、覚えがあるのかもしれないですね。
        なごやかで落ち着いたおはなし会となりました。(U)



        ▲ぐつぐつぐつ…なべ奉行が、とんちのきいた解決策を思いつきます

        『なべぶぎょう いっけんらくちゃく』 穂高順也/文 亀澤裕也/絵
        『どうすればいいのかな?』わたなべしげお/ぶん おおともやすお/え 福音館書店
        『おしくら・まんじゅう』 かがくいひろし/さく ブロンズ新社
        『かおかおどんなかお』柳原良平/作・絵 こぐま社
        紙芝居『ひもかとおもったら…』古川タク/作画 童心社
        『チョコレートパン』 長新太/作・絵 福音館書店
        『わ』 本永定正/さく福音館書店・0・1・2えほん

        ★2回目 14時10分〜14時40分
         子ども5人、大人5人

         赤ちゃんから小学生のおねえちゃんまで、
        いろんな年齢のお子さんが聞きにきてくれました。
        紅葉の季節、『おちばがおどる』は本物の落ち葉をつかった絵本。
        とても気になる!と思ったのか、
        小さなお子さんが近づいてきて一生懸命触れてくれました。
        『るるるるる』はヘリコプターの音。
        ほとんどの音が「る」で構成されていて、
        面白い絵本ですねと喜んでくれたお父さんもいました。
        子どもから大人まで楽しめる会にしたいなと改めて思いました。
        いつものように、絵本のリストをお渡しして終了となりました。(U)

        『わ』 本永定正/さく福音館書店・0・1・2えほん
        『かおかおどんなかお』柳原良平/作・絵 こぐま社
        『なわとびしましょ』 長谷川義史/〔作〕 学研プラス
        『おちばがおどる』 いとうひろし/作 ポプラ社
        『タベールだんしゃく』 さかもといくこ/作・絵 ひさかたチャイルド
        『せんそうしない』 たにかわしゅんたろう/ぶん えがしらみちこ/え 講談社
        『るるるるる』五味太郎/作 偕成社
        『てをみてごらん』 中村牧江/さく 林健造/え PHP研究所

        <今後の予定>
        12月20日(日)クリスマス・一年の終わり
               ※2部は、手作り(折り紙でクリスマスオーナメント)
        1月24日(日)一年のはじめ、木枯らし
        2月28日(日)雪・立春・冬眠・冬の衣服
        3月27日(日)テーマ「成長・桜・雪解け
        | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        <報告>10/12(日) 第63回東京おもちゃ美術館おはなし会
        0
          日時:2015年10月12日(日)
          場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

          ★1回目 13時〜13時40分
           絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー

          3連休の最終日、体育の日。
          館内は比較的人が少なめで、おはなし会に来てくれるかしら…と心配していましたが
          お兄ちゃんお姉ちゃんに混じって、1〜2歳くらいの小さなお友だちが、大勢集まってくれました。

          食欲の秋、実りの秋! ということで、食べることにまつわる絵本をたくさん読みました。

          『月ようびはなにたべる?』は、
          曜日ごとに登場する動物と食べ物を、
          月曜日は「ハリネズミさん」が「さやいんげん」火曜日は……と
          みんなで日曜日まで順番に覚えながら、楽しく読みました。

          パンダさんが「ドーナツいかが?」と、
          カラフルなドーナツをくばって歩く『おねがいパンダさん』。
          でもパンダさんはぜんぜんドーナツくれないんです!
          なぜなんでしょう。
          小さいお友だちは難しいかもしれないけど、
          パパやママといっしょに考えてみてほしいな。

          『きょうのごはん』は、
          おいしそうに描かれたいろんな家庭の夕飯をのぞいて、
          きょうのごはんをあてていくのですが、
          ラストはネコちゃんのごはん。
          「ネコのごはん何なの?」と質問があったのですが、
          おでんなのか?魚なのか!?
          判断できず……どなたか教えて下さい。


          2回目も、食べもののおはなしをいろいろ読みました。


          スタートは『やさいのおなか』。
          野菜の断面の絵から、やさい名をあてていく。
          あてっこする絵本は盛り上がりますが、
          とある兄弟が大活躍でどんどんやさいの名前をあてていってくれました。

          おつきみだんごに化けるおばけのおはなし『おつきみおばけ』や、
          土の中でのさつまいもの生活がユーモアたっぷりに描かれている『さつまのおいも』。
          さつまいもが、ご飯も食べるし、歯も磨いて、トイレにも行っちゃいうなんて!
          食べものが出てくる絵本は、おもしろいおはなしがいっぱいです。

          なかでも、怒りのパワーでギョーザを焼いてしまう、
          関西弁のへんてこなフライパンのおはなし『いかりのギョーザ』は、
          楽しく読み終わるとギョーザが食べたくなってしまいます。
          食べもの絵本が豊作なおはなし会でした。

          <読んだ絵本や紙芝居>
          『にゃんにゃんわん!』 わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
          『じゅーぺったん!』 わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
          『月ようびはなにたべる?』 エリック・カール/え もりひさし/やく 偕成社
          『おねがいパンダさん』 スティーブ・アントニー/さく せなあいこ/やく 評論社
          紙芝居『おねぼうなじゃがいもさん』 村山籌子/原作 村山知義/脚本・画 童心社
          『きょうのごはん』 加藤休ミ 作 偕成社
          『せんろはつづく』 竹下文子/文 鈴木まもる/絵 金の星社

          ★2回目 14時10分〜14時40分
           絵本・紙芝居の読み聞かせ

          『やさいのおなか』 きうちかつ/さく・え 福音館書店
          『マットくんのきょうりゅうだ!』 ピーター・シス/さく BL出版
          『おつきみおばけ』 せなけいこ/文・絵 ポプラ社
          『さつまのおいも』 中川ひろたか/文 村上康成/絵 童心社
          『くっついた』 三浦太郎/作・絵 こぐま社
          『いかりのギョーザ』 苅田澄子/作 大島妙子/絵  佼成出版社
          紙芝居『さよならさんかくまたきてしかく』 高橋清一/脚本・画 童心社

          <今後の予定>
          11月29日(日)霜・冬支度・紅葉
          12月20日(日)クリスマス・一年の終わり
          1月24日(日)予定
          | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          <報告>9/26(日)第62回東京おもちゃ美術館おはなし会
          0
            日時:2015年9月26日(日)
            場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

            ★1回目 13時〜13時40分
             絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー
             子ども12人 大人10人

            本日のテーマは「収穫」。
            『14ひきのやまい』では
            ねずみたちが見つけた大きなやまいもに、
            歓声があがりました。
            『りんごです』では、
            食べかけだったり、種だったり、
            いろんなかたちのりんごを見ました。
            「りんごの苗!」と答えてくれたのにはびっくりでした。
            難しい言葉を知っていますね。
            『にこにこ かぼちゃ』では、
            アボカドとかアスパラガスとか、
            いろんな食べ物が出てくるのですが、
            みんな元気に答えてくれました。
            日本には子どもたちの身近に、
            食べものが豊かにあることを実感しました。(U)



            ▲紙芝居『くださいな』を上演中。みんなすぐに当ててしまいます

            『14ひきのやまいも』 いわむらかずお/作 童心社
            『がんばる!たまごにいちゃん』あきやま ただし/作・絵/鈴木出版
            『りんごです』 川端誠/作 文化出版局
            『にこにこ かぼちゃ』 安野光雅/さく 童話屋
            『このすしなあに』塚本やすし/作 ポプラ社
            『だるまさんの』かがくいひろし/作 ブロンズ新社
            紙芝居「くださいな」和歌山静子/作・画 教育画劇

            ★2回目 14時10分〜14時40分
             絵本・紙芝居の読み聞かせ
             子ども16人 大人17人

            2回目も、収穫がテーマの絵本がずらりと勢ぞろいしましたよ。
            「収穫したり」「収穫できなかったり」するお話を、
            みんな楽しんで聞いてくれました。 中でもユニークな絵本は、
            クマを狩りにいく『きょうは みんなで クマがりだ』。
            繰り返しのフレーズが心地よく、
            聞いているうちに草はらや、ぬかるみを、
            みんなは通り抜け……
            クマはつかまえられるのでしょうか!?
            確かめたい方は、是非、読んでみてくださいね。
            最後は、折り紙を使って、
            ねぎの形をした「ねぎコプター」をみんなで作って飛ばしましたよ。
            結構遠くまで飛ぶねぎコプターで大盛り上がりでした。(T)

            大型絵本『そばだんご』 いしだともこ/文 みやじまともみ/え アスラン書房
            『とってください』福知伸夫/さく 福音館書店
            『だいふくもち』田島征三/さく・え 福音館書店
            『きょうは みんなで くまがりだ』
             マイケル・ローゼン/再話 ヘレン・オクセンバリー/絵 山口文生/訳 評論社
            『ほなまた』こしだミカ/さく・え 農山漁村文化協会
            折り紙 ねぎとんぼ

            <今後の予定> 10月12日(月)食(お月見・からだ・収穫・実りの秋など)
                   ※2部は、お月見をテーマに手作り?
            11月29日(日)霜・冬支度・紅葉
                   ※2部は未定
            12月20日(日)クリスマス・一年の終わり
                   ※2部は、手作り(折り紙でクリスマスオーナメント)
            | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            <報告>8/30(日)第61回東京おもちゃ美術館おはなし会
            0
              日時:2015年8月30日(日)
              場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

              ★1回目 13時〜13時40分
               絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー
               子ども12人 大人15人

               あいにくの雨でしたが、夏休み最後の日曜日だったせいか、
              お客さまはいっぱいでした。
              心やさしい鬼の親子の紙芝居からスタート。
              長かったけれども、よく聞いてくれました。
              続いて、夏の果物、スイカの絵本や、
              びっくりするものが満載の『しんじなくてもいいけれど』。
              この本は大人の方もじっくり絵を見たかったようで、
              最後にもう一度全ページをお見せしました。
              本日のテーマ「台風・嵐」にちなんで読んだのは『かぜびゅんびゅん』。
              竜巻が起こるおもちゃも紹介しました。(U)

              紙芝居『うみにしずんだおに』松谷みよ子/文 二俣英五郎/画
              『きんぎょがにげた』五味太郎/作 福音館書店
              「すいか」平山英三/作 福音館書店
              『ありとすいか』たむらしげる/作・絵 ポプラ社
              『しんじなくてもいいけれど』内田麟太郎/文 早川純子/絵  ビリケン出版
              『かぜびゅんびゅん』新井洋行/さく 童心社
              『あるひそらからさんかくが』風木一人/文 中辻悦子/絵 福音館書店


              ▲白黒の画面の「すいか」の絵がおもしろい

              ★2回目 14時10分〜14時40分
               絵本・紙芝居の読み聞かせ
               子ども15人 大人11人

               絵本好きな子たちがたくさん集まってくれて、
              1回目に続いて2回目も聞きに来てくれたお友だちもいましたよ。
              短いお話から長いお話まで、みんな真剣に聞いてくれていました。
              中でも盛り上がったのは、長新太さんの『そよそよとかぜがふいている』。
              これは、とってもおもしろいお話で、
              風が出てくると思いきや!(風も少しふきますが…)、
              動物たちの顔がつぎつぎと「あるもの」に変えられてしまうお話です。
              動物の顔の変化に子どもも大人も
              思わす声をあげて笑ってしまう絵本なのです。
              動物たちの顔が何に変えられたか知りたい人は
              ぜひ、読んでみて下さいね♪ (T)

              『だるまちゃんとかみなりちゃん』加古里子/作・絵 福音館書店
              『かぶさんとんだ』五味太郎/作 福音館書店
              「しずかなまひる」片山健/作 福音館書店
              『かぜのかみとこども』山中恒/文 瀬川康男/絵 フレーベル館
              『まるまる だーれ?』 わかやましずこ/作 童心社
              『そよそよとかぜがふいている』長新太/作 復刊ドットコム

              <今後の予定>
              9月27日(日) 収穫
              10月12日(日)食(お月見・からだ・収穫・実りの秋など)
                     ※2部は、お月見をテーマに手作り?
              11月29日(日)霜・冬支度・紅葉 ※2部は未定
              12月20日(日)クリスマス・一年の終わり
                     ※2部は、手作り(折り紙でクリスマスオーナメント)
              | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              <報告>7/26(日)第60回東京おもちゃ美術館おはなし会
              0
                日時:2015年7月26日(日)
                場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

                ★1回目 13時〜13時40分
                 絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー

                今回のテーマは「光・太陽」。
                富士山をいろんな光が包んでいる写真絵本『おーい、ふじさん!』からスタート。
                「ふじさーん!」と声に出して呼んでる子もいましたよ。
                『たいようまつり』は、たいようがたくさん出てくるおはなし。
                聞こえてくる言葉をいっしょに繰り返してくれたり、
                ぐんぐん絵本に近づいて見てくれたりしました!

                続いてゲストコーナー。
                ゲストの有田奈央さんの絵本『おっぱいちゃん』は、
                ママのおっぱいみたいになりたいなおちゃんの
                奮闘が描かれた楽しい絵本。
                絵本の中のおっぱいにみんな釘付けでした〜!

                『もしも、もしもね』は、
                有田さんがどの場面を描くのが大変だったかなど、
                制作秘話を話してくださいました。
                絵本の中に出てくるおにぎりの米粒粒は実際に数えながら描いたそうです。
                『トイレこちゃん』を有田さんが読まれた後は、
                みんなでトイレこちゃんを描くワークショップを行いました。(T)

                『おーい、ふじさん!』しゃしんとことば/大山行男 クレヴィス
                『たいようまつり』風木一人/作 西村敏雄/絵 イースト・プレス

                ゲストコーナー 絵本作家・有田奈央さん
                『おっぱいちゃん』(ポプラ社)
                『もしも、もしもね』(あさのますみ/作 有田奈央/絵 鈴木出版)
                『トイレこちゃん』(あさのますみ/作 有田奈央/絵 ポプラ社)

                ★2回目 14時10分〜14時40分
                 絵本・紙芝居の読み聞かせ

                『くろねこさん しろねこさん』では、
                くろねこさんとしろねこさんが隠れているのを
                みんな一生懸命探してくれました。
                縦長に開いていく絵本『ゆっくりゆっくりなまけものくん』では、
                なまけものくんが本の高い木から下りてくるのを、
                じーっと追いかけて見てくれました。
                心の中の光をテーマにした『ココロのヒカリ』や、
                たいようさんがスパゲッティをつくってくれるおはなし
                『たいようのきゅうでん』、
                早口言葉のように、
                文章が少しずつ長くなっていく『これは おひさま』など、
                それぞれ、少し難しいかなと思うような内容や、
                長めのお話も食い入るように真剣に聞いてくれていました。
                「絵本大好き〜」と言いながら帰っていく姿を見てとってもうれしくなりました。(T)



                ▲いっしょうけんめい聞いてくれてありがとう!
                『くろねこさん しろねこさん』得田之久/ぶん 和歌山静子/え 童心社
                『ゆっくりゆっくりなまけものくん』(オームラトモコ/作・絵 鈴木出版)
                『ココロのヒカリ』谷川俊太郎/文 元永定正/絵 文研出版
                『たいようのきゅうでん』三輪滋/著 復刊ドットコム
                『これは おひさま』谷川俊太郎/ぶん 大橋歩/え 復刊ドットコム

                <今後の予定>
                8月30日(日) 台風・強風
                9月27日(日) 収穫
                | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 04:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                <報告>6/28(日) 第59回東京おもちゃ美術館おはなし会
                0
                  日時:2015年 6月 28日(日)
                  場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

                  ●1回目 13時〜13時40分
                   絵本・紙芝居の読み聞かせ
                   子ども11人 大人14人

                  今日のテーマは「音」。
                  ぴょーんと飛ぶ音や、動物の鳴き声、
                  雨やたいこの音、行進するときの調子のいい音、
                  音楽の音まで、たくさんの音が集まりました。
                  『ちきばんにゃー』では読み手にあわせて
                  「ちきばんちきばん…」と口ずさみむ子も。
                  最後に雨のふる音のするおもちゃや、
                  音を想像して楽しめるおもちゃをご紹介いただきました。(U)

                  『ぴょーん』まつおかたつひで/作・絵 ポプラ社
                  『にゃんにゃんわん!』わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
                  『かささしてあげるね』はせがわせつこ/ぶん にしまきかやこ/え 福音館書店
                  『ドオン!』山下洋輔/文 長新太/絵  福音館書店
                  『ちきばんにゃー』きくちちき/作・絵 学研教育出版
                  『とんとんとん』あきやまただし/作・絵 金の星社
                  『もけらもけら』山下洋輔/ぶん 元永定正/え 中辻悦子/構成 福音館書店



                  ●2回目 14時10分〜14時40分
                   絵本・紙芝居の読み聞かせと、関連する手作りおもちゃの紹介
                   子ども13人 大人18人

                  最初の絵本は、おへやの中で聞こえる音を想像するというもの。
                  ちょっと難しいかなと思いましたが、
                  自分で想像した音を口に出している子もいて、
                  受け止めてくれてるんだなと実感しました。
                  最後の『バスにのって』は
                  「トントンパットン トンパットン」のリズムが楽しい絵本。
                  それまで走り回っていた子たちがいつのまにか集まって画面を眺めていて、
                  子どもたちの集中力と絵本の引力を感じる一瞬でした。(U)

                  『おへやのなかのおとのほん』マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:レナード・ワイズガード 訳:江國 香織 出版社:ほるぷ出版
                  紙芝居『こぶたのマーチ』むらやまけいこ/さく ほりうちせいいち/え 童心社
                  『どんなきもち?』ミース・ファン・ハウト/さく ほんまちひろ/やく 西村書店
                  『バスにのって』荒井良二/作・絵 偕成社

                  <今後の予定>
                  7月26日(日) 光・太陽
                  8月30日(日) 台風・強風
                  9月27日(日) 収穫
                  | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  <報告>5/24(日)第58回東京おもちゃ美術館おはなし会
                  0
                    日時:2015年5月24日(日)
                    場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

                    ●1回目 13時〜13時40分
                    絵本・紙芝居の読み聞かせ
                    子ども3人 大人6人

                    一番の年長さんはもうすぐ二歳というお子さん。
                    予定していた絵本を変更して、
                    小さな人たちに楽しんでもらえる絵本を読みました。
                    『トコトコさんぽ』では
                    「あらら、あらら、あららららら…」と繰り返す音が楽しかったようで、
                    一緒に口ずさんで聞いてくれました。(U)

                    『おべんとうバス』 真珠まりこ/作・絵 チャイルド本社
                    『やさいのおなか』きうちかつ/さく・え 福音館書店
                    『まてまてまて』こばやしえみこ/案 ましませつこ/絵 こぐま社
                    『トコトコさんぽ』長野ヒデ子/作 スズキコージ/絵 鈴木出版
                    『くっついた』三浦太郎/作・絵 こぐま社
                    『まっくらまっくら』いちかわけいこ/文 たかはしかずえ/絵 アリス館
                    『おきたらごはん』岩合光昭/著 福音館書店

                    ●2回目 14時10分〜14時40分
                    絵本・紙芝居の読み聞かせと、関連する手作りおもちゃの紹介

                    自然がテーマだったので『まだかな』からスタート。
                    季節的にもぴったりのかえるさんが主人公の絵本。
                    紙芝居『なんだ・なんだ』では、みんな元気に手をあげて、
                    いろんな想像をして答えてくれました。
                    最後の『まてまてまて』は、
                    その年齢のお子さんが数人いましたが、
                    みんなじいっと見て、はいはいしてやってくる子もいました。
                    なにか通じるものがあるみたいです。(U)



                    ▲かえるは何を待っているのかな? みんなもいっしょに待っている気分
                    『まだかな』 まつおかたつひで/作・絵 ポプラ社
                    紙芝居『なんだ・なんだ』 古川タク/脚本・画 童心社
                    『にじをつくったのだあれ?リボンのしかけえほん』
                    ベティ・アン・シュワルツ/作 ドナ・ターナー/絵 鈴木ユリイカ/文   世界文化社
                    『くっついた』三浦太郎/作・絵 こぐま社
                    『やさいのおなか』きうちかつ/さく・え 福音館書店
                    こどものとも年少版『どろんばあ』おばけかぞえうた  小野寺悦子/文  植垣歩子/絵  福音館書店
                    『まてまてまて』こばやしえみこ/案 ましませつこ/絵 こぐま社

                    <今後の予定>
                    6月28日(日) 音
                    7月26日(日) 光・太陽
                    8月30日(日) 台風・強風
                    9月27日(日) 収穫
                    | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    <報告>第57回東京おもちゃ美術館おはなし会
                    0
                      ●日時:2015年 4月26日(日)
                      ●場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム
                      ★1回目 13時〜13時40分 絵本・紙芝居の読み聞かせ

                      子ども10人 大人14人

                      今日のテーマは「香り、におい」。
                      2冊絵本を読んだあとはゲストコーナー。
                      赤羽さんは子どもに絵本を読んでいて、
                      自分もお話を書きたくなって作家になられたそうです。
                      『のはらのスカート』では、
                      まさに主人公と似たスカートをはいている女の子たちが
                      うれしそうに立ち上がって聞いてくれました。(U)



                      ▲『ぼうけんどろだんご』からスタート

                      『はなのさくえほん』いしかわこうじ/作・絵 童心社
                      『くんくん いいにおい』たしろちさと/絵 グランママ社

                      ゲストコーナー
                      児童文学作家 赤羽じゅんこ さん
                      『ぼうけんどろだんご』(白土あつこ/絵)
                      『のはらのスカート』(南塚直子/絵)
                      『しゅっぱつ! たっくんでんしゃ』(アクヴィル奈宝子/絵) 以上
                      鈴木出版の月刊絵本

                      ●2回目 14時10分〜14時40分

                      子ども5人 大人8人

                      少人数でのんびりの会となりました。
                      春になるといろんなにおいがあたりにあふれます。
                      『ぐりとぐら』のカステラはおいしそうなにおい、
                      『みんなうんち』のにおいは……?
                      生きものの大きさが違えばうんちの大きさも色もにおいもちがうんです。
                      健康状態までわかるってすごいですね。(U)

                      『にゃんにゃん わん!』
                      わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
                      『チューチューチュー』
                      わだことみ/作 冬野いちこ/絵 岩崎書店
                      『あさですよ よるですよ』
                      かこさとし/さく 福音館書店
                      『ぐりとぐら』
                      なかがわりえこ/文 やまわきゆりこ/絵 福音館書店
                      『しりとりのだいすきなおうさま』
                      中村翔子/作 はたこうしろう/絵 鈴木出版
                      『りょうかん』
                      井伊各量/文 瀬川康男/絵 すずき出版
                      『みんなうんち』
                      五味太郎/さく 福音館書店

                      <今後の予定>
                      5月24日(日) 遠足・自然
                      6月28日(日) 音
                      | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ