読書の会は、読書ボランティア、子どもの本に関わる方、出版関係者が参加している団体です。
読書活動に積極的に参加したい志をもつ方々が集まり、
読書活動のノウハウの向上と会員相互の交流をはかるために、
月一回の勉強会、東京おもちゃ美術館でのおはなし会を中心に活動しています。
子どもの本の勉強会、高齢者への読書ボランティア、紙芝居の実演など。
<< <報告>9/13(日) 第51回善永寺おはなし会 | main | 10月以降の予定 >>
<報告>9/26(日)第62回東京おもちゃ美術館おはなし会
0
    日時:2015年9月26日(日)
    場所:東京おもちゃ美術館 プレイルーム

    ★1回目 13時〜13時40分
     絵本・紙芝居の読み聞かせとゲストコーナー
     子ども12人 大人10人

    本日のテーマは「収穫」。
    『14ひきのやまい』では
    ねずみたちが見つけた大きなやまいもに、
    歓声があがりました。
    『りんごです』では、
    食べかけだったり、種だったり、
    いろんなかたちのりんごを見ました。
    「りんごの苗!」と答えてくれたのにはびっくりでした。
    難しい言葉を知っていますね。
    『にこにこ かぼちゃ』では、
    アボカドとかアスパラガスとか、
    いろんな食べ物が出てくるのですが、
    みんな元気に答えてくれました。
    日本には子どもたちの身近に、
    食べものが豊かにあることを実感しました。(U)



    ▲紙芝居『くださいな』を上演中。みんなすぐに当ててしまいます

    『14ひきのやまいも』 いわむらかずお/作 童心社
    『がんばる!たまごにいちゃん』あきやま ただし/作・絵/鈴木出版
    『りんごです』 川端誠/作 文化出版局
    『にこにこ かぼちゃ』 安野光雅/さく 童話屋
    『このすしなあに』塚本やすし/作 ポプラ社
    『だるまさんの』かがくいひろし/作 ブロンズ新社
    紙芝居「くださいな」和歌山静子/作・画 教育画劇

    ★2回目 14時10分〜14時40分
     絵本・紙芝居の読み聞かせ
     子ども16人 大人17人

    2回目も、収穫がテーマの絵本がずらりと勢ぞろいしましたよ。
    「収穫したり」「収穫できなかったり」するお話を、
    みんな楽しんで聞いてくれました。 中でもユニークな絵本は、
    クマを狩りにいく『きょうは みんなで クマがりだ』。
    繰り返しのフレーズが心地よく、
    聞いているうちに草はらや、ぬかるみを、
    みんなは通り抜け……
    クマはつかまえられるのでしょうか!?
    確かめたい方は、是非、読んでみてくださいね。
    最後は、折り紙を使って、
    ねぎの形をした「ねぎコプター」をみんなで作って飛ばしましたよ。
    結構遠くまで飛ぶねぎコプターで大盛り上がりでした。(T)

    大型絵本『そばだんご』 いしだともこ/文 みやじまともみ/え アスラン書房
    『とってください』福知伸夫/さく 福音館書店
    『だいふくもち』田島征三/さく・え 福音館書店
    『きょうは みんなで くまがりだ』
     マイケル・ローゼン/再話 ヘレン・オクセンバリー/絵 山口文生/訳 評論社
    『ほなまた』こしだミカ/さく・え 農山漁村文化協会
    折り紙 ねぎとんぼ

    <今後の予定> 10月12日(月)食(お月見・からだ・収穫・実りの秋など)
           ※2部は、お月見をテーマに手作り?
    11月29日(日)霜・冬支度・紅葉
           ※2部は未定
    12月20日(日)クリスマス・一年の終わり
           ※2部は、手作り(折り紙でクリスマスオーナメント)
    | 遊びが芽を出すおはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会) | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://hot-news.dokusho-no-kai.lolipop.jp/trackback/191
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ